2005年08月07日

ザウルス SL-C1000

zaurus320.jpg

CLIEが生産終了したからってわけではないのですが、Linuxザウルス SL-C1000を購入しました。
実は、SL-C760を持っていたのですが動きがちょっともっさり(Special Kernel導入済み)だったのとバッテリーカバーなど裏面のデザインがいまいちだったので狙っていました。
C760を下取りに出して、中古のC1000に交換です(追い金あり)
中古とはいえ、保証書、CDほかの付属品は未開封でしたのでほぼ新品?って感じです。
c1000_640.jpgちょっと厚みが増してしまったのは残念ですが、デザイン的には裏面もフラットになり、ツートンカラーもこなれた感じです。
ThinkPad派なので、真っ黒筐体ってのにもあこがれちゃいますが・・・4GB HD内蔵の最新型C3100で実行されている方もおられるようで非常にうらやましいのですが、予算の関係とC3100のACアダプタの巨大さに閉口してあきらめました(負け惜しみ)

常時、AirH"カード(ThinkPadと共用ですが)をさしてネットサーフィンに利用しています。
って、ネットサーフィン以外は辞書(広辞苑を入れてます)くらいしか使ってないなぁ〜
C1000はレスポンスも良くなってるし、電池も持つ(AirH"128K接続で7.5H持ったのは驚き!)ので持ち歩いてモバイルブログ更新なんかもやってみたいと思います。
もっと活用しないともったいない(大汗)
とはいえ、住所録やスケジュールなんかのPIM情報管理はCLIEから離れられそうもありません。
ザウルスにもデータ転送はしてみたのですがどうにもしっくり来ないんですよねぇ〜
特にCLIEで使っている、HandstoryというWebクリッピングとメモ管理ソフトに変わる物がないんですよね。
C1000になってからは試していませんが、ザウルスショットでは画面キャプチャor印刷イメージでしか転送できないし、ザウルスはカテゴリ管理やクレードルが無いためシンクロも難しいなど、PDAというよりは、ミニPCなんだなぁ〜と実感させられます。
でも、いつも持って歩きたいのはやっぱしミニPCだったりして矛盾してます。
本当は、これなんかが欲しいんですが・・・SONYさん作って!!!(こればっかり)



c1000key640.jpgキーボードはC7x0、C860から結構変わっています。好みは分かれるところですがうんちくや的にはCTRLキーが付いたり、カーソルとOK/CANCELが片手で操作しやすくなったので良くなったと思います。キーのクリック感(スイッチっぽくなった?)もいいのですがC760のように表面が一体型(切れ目がない)方が埃や水分などの侵入を防げたんじゃないでしょうか?



c1000disp640.jpgあとザウルス(SHARP)といえばやっぱりディスプレイですね。
C760のディスプレイもきれいでしたがC1000も非常に見やすいです。5段階の3つめの明るさで使っていますが十分満足できる明るさですし、電池の持ちも非常に良くなってる気がします。
試しにAirH"128K(AH-S405C)で接続しっぱなしで、ディスプレイ省電力にならないように突きながらほったらかしにしておいたら、7.5時間以上もちました!
結構安心感のある持続力です。

常時持ち歩く物なので、徹底的にカスタマイズしていきますのでちょこちょこレポートしていきたいと思います。
PDAの衰退が言われる中、ザウルスユーザーの活発さが目立ってきてる気がしますので皆様よろしくお願いします!!






posted by うんちくや at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PDA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。